【侍ジャパンの守護神】広島東洋カープの栗林良吏!名前の読み方、経歴、年俸、今年の成績は?

スポンサーリンク
良かったらブログ村も見てね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
広島東洋カープ

どうも、シンパパ薬剤師Kです。

カープの記事第2弾は東京オリンピックでも大活躍の栗林良吏選手についてまとめていきます!

プロフィール

氏名:栗林 良吏(くりばやし りょうじ)
生年月日:1996年(平成8年)7月9日 (2021年で25歳)
出身地:愛知県海部郡佐織町(現・愛西市)
経歴:愛西市立勝幡小学校→愛西市立佐織中学校→愛知黎明高校→名城大学→トヨタ自動車
ドラフト:2020年1位指名(単独指名)
年俸:1600万円 ※金額は推定

名前は「りょうじ」と読むんですね。

因みに栗林選手は生まれも育ちも愛知県で、高校も大学も就職先も愛知という生粋な愛知県Loverです。
これだけ愛知県ラブにあふれている栗林選手は当然中日ドラゴンズの大ファンで「ドラゴンズに入れたら一番良い」とドラフト前に語っているほどです。

その思いとは違う形になってしまいましたが、広島東洋カープが2020年のドラフトで1位指名してカープに入団することになります。
栗林選手はプロ入り1年目の今年、開幕から22試合連続無失点を達成し、新人投手の連続無失点記録球団新記録の両方を更新する大活躍を見せています。

これ以上ないプロ野球人生のスタートを切っている栗林選手ですが、高校卒業と大学卒業のタイミングではドラフトで指名されておらず社会人を経てプロ野球の門を叩いています。

甲子園のスターや大学野球のスターは在学最終年のドラフト会議で指名され華々しい姿がテレビで映し出されます。

なぜ栗林選手のような素晴らしい選手がドラフトで指名漏れをしたのか。

プロ入り前のエピソードとともに指名漏れの経緯をご紹介します。

2021年成績

ルーキーイヤーである今年は、34試合(33.2回)に登板し0勝1敗18セーブ 防御率0.53という驚異的な数字を残しています。

これだけでも圧倒的な数字なのですが、1番やばいと思うのは奪三振率(9回あたりの奪三振数)です。
栗林選手の奪三振率は8月7日の段階で14.44です。

あの「カープにも在籍していた元ソフトバンクの守護神サファテ」でさえシーズン最高の奪三振率は14.20なので、栗林選手の14.44の異常さが良く分かります。

ただ気になるのは登板数の多さです。
8月7日の段階でカープの公式戦82試合中34試合に登板しています。

今シーズンは143試合行われる予定ですので、このままのペースですと59試合に登板することになります
しかも今年はオリンピックで4試合登板していますので、かなりハードな1年です。

ルーキーイヤーでプロの環境になれるだけでも大変なのに、、ちょっと心配になりますね。

高校時代

高校は愛知黎明高校という栗林選手の地元愛知にある高校です。
県大会ではシード権を獲得するレベルのチームで甲子園出場経験もある強い高校のようです。

プロ野球選手は栗林選手を入れて3名輩出していますが、2名は改名前の弥富高等学校時代の選手で愛知黎明高等学校に改名後は栗林選手のみです。

高校時代の栗林選手は、なんと年生に投手へ転向するまでは内野手でした。
2年時はショートとして出場して県大会準優勝、3年時はエースで4番というチームの中心選手でした。

当時から140キロ台後半の速球とフィールディングの良さ、更にはバッティングセンスの高さでドラフト候補に名前が挙がる存在でしたが、プロではなく名城大学への進学を決めます。

大学時代

名城大学に進学後は1年生からリーグ戦に出場。
コーチの教えで投手として急速にレベルアップし、大学卒業までに稼いだ愛知大学リーグでの勝ち星はなんと32

大学リーグはレベルの差は有れど、通算20勝で一流と言われていますので32勝は超一流の活躍と言えます。

神宮大会や様々な活躍から3年時には日本代表に選ばれてます。
同じ広島東洋カープの森下選手は2年生から日本代表なので、この頃から一緒に日の丸を背負って戦っているんですね。

しかもオリンピックの背番号と同じ15番と20番をつけているんですよ。
この後に進むプロ野球で同じチームに所属してオリンピックで同じ背番号を付けて金メダル獲得。
なんかの漫画ですかね?(笑)

ここまでの活躍をしていて「なぜ大学卒業のタイミングでドラフトで指名漏れしたの?」って不思議に思いますよね。

それは「ドラフト2位以上でなければプロへは行かない」と宣言していたためです。

しかし、栗林選手にとっては不幸な事にこの年の甲子園は大阪桐蔭と金足農業フィーバーで、藤原恭太選手や根尾昴選手、吉田輝星選手などの目玉選手が多くいる豊作ドラフトでした。

広島東洋カープは1位に小園選手、2位に島内選手を指名してます。

他にも大卒投手に上茶谷選手や清水投手などの目玉選手がいた為、2位以上で指名する球団はありませんでした。

指名漏れの後、地元の超強豪社会人企業であるトヨタ自動車へ就職します。

社会人時代

強豪のトヨタ自動車でもMAX153キロの速球を武器に1年目からエース級の活躍をします。
社会人野球日本選手権では完封を記録するなど大活躍。

2年間トヨタ自動車でエースとして活躍し、都市対抗野球やアジアウインターリーグでも見事な投球を見せ2020年のドラフトで広島東洋カープから1位指名を受けます。

プロ入り後

プロ入り後はカープの守護神が不在で8回9回に投げるピッチャーがいないため、先発ではなく抑えに抜擢されます。

カープの先発も故障者や思うような結果が出ていない投手がいて不安定だったため「先発にしろ!」なんて声も結構ありました。

が、抑えで出場したオープン戦4試合で殆どランナーすら出さずに失点0というルーキーとは思えない投球を見せ、開幕1軍でクローザーに任命されます。

このオープン戦の勢いそのまま開幕2戦目の9回3点差でプロ初登板、初登板で初セーブを達成。

栗林選手の勢いは衰えず、22戦連続無失点という「先発待望論」を黙らせる圧倒的な投球を見せ佐々岡監督だけでなくカープファン全員の信頼をつかみ取りました。

前述しましたが、ルーキーイヤーの今年は 34試合(33.2回)に登板し0勝1敗18セーブ 防御率0.53 で前半戦を終えています。

これだけの数字を残した栗林選手が東京オリンピックの代表に選ばれない訳もなく日本代表に選出され、稲葉監督からも絶大な信頼を置かれておりあの決勝戦の登板につながったわけですね。

去年、予定通り東京オリンピックが開催されていたら栗林選手はまだプロになっていないのでオリンピックに出場していなかったでしょう。
コロナの影響なので手放しで喜ぶことは出来ませんが、こうして栗林選手が胴上げ投手になったのは何かの運命なのかもしれません。

後半戦も間もなく始まります。
しかし栗林選手の体力が少し心配ですね。チームの調子は良くないのでプレーオフに出れなそうなら、あまり無理な起用はしてほしくないですよね。
今まで栗林選手を知らなかったけどオリンピックを見て興味が出た方は一緒にカープと栗林選手を応援しましょう!

余談ですがトヨタのユニフォームも赤いのでカープのユニフォームも良く似合ってますよね(笑)
栗林選手のユニフォーム買おうかなあ。。。

広島東洋カープ
スポンサーリンク
シンパパ薬剤師のメモブログ

コメント