検査値

スポンサーリンク
検査値

BNPとNT-ProBNPが高いと心不全?何が違うの?

今回は心臓に異常があるかどうか確認するのによく用いられるBNPとNT-ProBNPについてまとめていこうと思います。 BNPってなに? BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)とは、主に心臓の心室で産生される利尿作用を持つホルモン...
検査値

【薬剤師向け】検査値の勉強にオススメの本はこれ!

どうも、シンパパ薬剤師Kです。 薬剤師にも検査値を読む力が必要になってきているのをひしひしと感じる昨今。勉強しようにもどうやって勉強するのがいいのか悩みますよね。薬剤師向けの専門書って大きな書店じゃないと置いていないので、実際少し読...
検査値

血清Na濃度が高い / 低いのは何故?この薬を飲んでいると下がるかも?

どうも、シンパパ薬剤師Kです。今回は血液検査などで良く知られているNa(ナトリウム)についてのお話しです。 血液中におけるNaの役割 Naは血液を含む細胞外液の主要陽イオンです。 血清Na濃度 基準値:138~145mE...
スポンサーリンク
検査値

【薬学生&薬剤師必見】BUNと血清クレアチニンについて

どうも、シンパパ薬剤師Kです。今回は薬剤師国家試験でも使える検査値について纏めていきます。臨床においても腎機能の指標としてよく使われますのでしっかりと抑えておきましょう! BUN(血中尿素窒素) 基準値:8~22mg/dL ...
検査値

薬学生、薬剤師は覚えておきたい浮腫と脱水のこと

どうも、シンパパ薬剤師Kです。 今回は薬剤師国家試験で問われる浮腫と脱水についてです。薬剤師になってからも覚えておきたい内容ですのでおさらいしていきましょう。 浮腫 浮腫は脱水に比べて国家試験で問われる可能性が高いです。...
検査値

LDHが高いと癌かも?LDHが高い時は全身の検査を!!

どうも、シンパパ薬剤師Kです。今回も検査値について纏めていきます。 今日は健康診断などで目にする「LDH」について解説していきます LDHって何? LDHは乳酸脱水素酵素といい、筋肉や肝臓、赤血球、癌細胞などに存在してい...
検査値

ビリルビンが高い原因は?複雑なビリルビンについて分かりやすく解説!

どうも、シンパパ薬剤師Kです。 今回は黄疸の原因であるビリルビンについて解説していきます。 この記事で解説する内容 ・ビリルビンってなに?(ビリルビンの生成、ビリルビンの種類について)・ビリルビンが高くなる原因・ビリルビ...
検査値

ALPが高い原因は?基準値はいくつなの?

ALPが高い理由やALPが高くなる疾患などについて解説しています。2021年に変更があった基準値についても解説。
検査値

γ-GTPが高い原因は?何の病気?100を超えたらヤバい!!

どうも、シンパパ薬剤師Kです。健康診断などで気になる検査値についてまとめていこうと思います。今回はγ-GTPです。 γ-GTPとは γ-GTPとは肝臓における解毒にかかわる酵素で、肝臓や胆管の細胞が壊れると血中に流れ出てきます...
検査値

【AST・ALT・γ-GTP・ALPなど】肝臓の検査値まとめ

どうも、シンパパ薬剤師Kです。今回は肝臓の検査値についてまとめていきます。健康診断の結果を見るのに使ったり、普段の処方解析にも使えると思います。 肝臓の働き・肝障害について 肝臓の働きは多彩で、3大栄養素の代謝・グリコーゲンの...