【身長90cm以下】東京ディズニーシーオススメアトラクション!

スポンサーリンク
良かったらブログ村も見てね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カメラ

お子さんと一緒にディズニーリゾートで過ごすなんて親としては最高の時間ですよね!

でも「ディズニーランドは小さい子供がいても楽しめそうだけど、ディズニーシーって楽しめるの?」なんて良くある疑問ですよね!

実際、ディズニーシーの人気アトラクションの殆どに小さいお子さんは乗れません。

ですが、ディズニーシーを楽しめない訳ではありません!!あの天下のディズニーですから当然と言っちゃあ当然なのかもしれませんが(笑)

僕は学生時代、ディズニーシーに良く行っていたので「これは子供がいても楽しめるなぁ」って予備知識はあったのですが、今回2歳の息子と2人でディズニーシーに行ってきて実際にオススメ出来るなと感じたアトラクションをご紹介しようと思います!
今回紹介するアトラクションは全て身長制限のないものです。

マーメイドラグーン

まず初めに紹介するのがマーメイドラグーンです。
夜きれいな印象が強いマーメイドラグーンですが、東京ディズニーシーのお子様向けエリア筆頭です。

中もキラキラして綺麗ですし、室内の施設なので温度が過ごしやすくお子さんだけでなく多くの方に人気のエリアです。
季節によって寒かったり暑かったりする遊園地で、過ごしやすい温度の室内エリアは小さいお子さんを連れているお母さんお父さんはとっても嬉しいですよね!

マーメイドラグーン内のアトラクション

マーメイドラグーンの室内には3種類の乗り物がありますがすべて小さいお子様でも利用することが出来ます。

①ジャンピン・ジェリーフィッシュ
②ブローフィッシュ・バルーンレース
③ワールプール

更にアリエルのプレイグラウンドという小さいお子さんが靴を脱いで遊べるアトラクションもありますし、マーメイドラグーンシアターというショー形式のアトラクションもあります。

飲食店もトイレもあるのでマーメイドラグーンだけでひとつの小さな遊園地のような完成度なので、マーメイドラグーンは小さいお子さんとディズニーシーに行くうえで欠かせないエリアとなっています。

スカットルのスクーター

マーメイドラグーンの建物(?)の入り口の傍にあるスカットルのスクーター。
くるくる円形状に回る小さい子供用のジェットコースターみたいなアトラクションです。
ディズニーシーには身長制限が無いスピード感のあるアトラクションが殆ど無いのでかなり重宝します。

実際うちの2歳の息子はかなり楽しかったようで5回くらい乗りました。
男の子には超オススメです!

シンドバットの冒険

シンドバッドの冒険はリニューアルされて小さなお子様でも楽しめるアトラクションへ変わりました。
今はだいぶ知名度も上がり、アトラクションで流れる「コンパス オブ ユア ハート」を知ってる方もかなり増えてきました。
実はこの「コンパス オブ ユア ハート」が流れる今のシンドバッドの冒険はリニューアル後ってご存知でしたか?
以前のシンドバッドの冒険は相棒のチャンドゥが居ないどころか、明るい音楽は流れず髭の生えたシンドバッドがお宝を探しに行く暗めの物語となっていて今とは全然違う内容でした。

アトラクション自体はディズニーランドで良くある感じの「小さいお子さまも乗れる物語を楽しむアトラクション」です。
船に乗る感じはイッツアスモールワールドと同じで、シンドバッドの物語をミュージカル調で楽しむアトラクションです。

基本的に終始「コンパスオブユアハート」が流れており気楽に乗れるアトラクションなんですが、後半に出てくる猿が異常に怖いです。
泣いている女の子もいたので怖いものが苦手な子は注意です。

ジャスミンのフライングカーペット

シンドバットの冒険に隣接している比較的新しいアトラクションです。
アラジンに出てくる魔法の絨毯に乗って上昇下降を繰り返してクルクル回るスピード感のあるアトラクションです。

身長制限はないんですが結構高く上がるうえにスピード感があるので大人でも普通に楽しめるアトラクションになってます。
小さいお子さんとスピード感のあるアトラクションに乗りたいときにオススメです。

キャラバンカルーセル

こちらもアラジンの世界のアトラクションで、ジーニーに乗れる2階建てのメリーゴーラウンドです。
2歳の息子も一人で乗る事が出来ましたのでお子さんのメリーゴーラウンドの一人乗りデビューにいかがでしょう?

ジーニーの他に馬と象があって、もっと小さいお子様用にソリもあります。
大人なイメージのあるディズニーシーですが、どの年齢でも楽しめるアトラクションになっています。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

アメリカンウォーターフロント(タワーオブテラー付近)からポートディスカバリー(アクアトピア付近)の間を往復している電車です。
乗る際は片道切符ですので、帰ってきたい場合はまたアトラクションに並ぶ必要があるので注意です。

反対側まで移動できるわけではないですが、お子さんと楽しみながら移動できるので移動手段の一つとして乗るのもオススメです!
基本的に長時間の待ち時間が出来るアトラクションではないので15分以内の待ち時間が多い印象です。

フォートレス・エクスプロレーション(ルネッサンス号)

なかなか知られていないこのフォートレス・エクスプロレーションですが、今回紹介する中で一番オススメしたいアトラクションかもしれません!

上の写真の右側にある船。ここで遊んだことありますか?
この船は「ルネッサンス号」という船で、実はこの船の中で遊ぶことが出来るんです!
船の中では、大砲を発射させたり船を散策することが出来るので小さいお子様から大人まで楽しめます。

ルネッサンス号

船の傍に建っている建物で受付をすると、地図を貰って宝探しのような探検をすることが出来ます。
地図が何パターンかあるので何度も楽しめるようになっています。
これが意外に大人も楽しめちゃうんですよ!!

初めてこれを知った時「なんで今までやってこなかったんだろう」と思ったのを覚えています。
まだここで遊んだことのない人は是非遊んでください!!

アクアトピア

ポートディスカバリーにあるアクアトピアもお子様におススメのアトラクションです。
不規則な動きで水上を走り回る乗り物で小さいお子様も乗ることが出来る楽しいアトラクションです。因みに濡れる事は無いので安心してください。

2歳の息子は不規則な動きにけらけらと声を出して笑いながら楽しそうに乗っていました。

ポートディスカバリー1番人気のアトラクションである「ファイディングニモ・シーライダー」がニモのアトラクションなのに身長制限があり小さい子供が乗れないという悲しい設定なのが意外ですよね。
シーライダーと隣接するアクアトピアも地味に根強い人気があるアトラクションですので、お子様と一緒に乗ると最高ですよ!

結論:東京ディズニーシーは90㎝以下のお子様もめちゃくちゃ楽しめる!

身長制限の無いアトラクションはまだまだありますが、個人的なオススメアトラクションだけでもこれだけあります。
きっと小さい子供でも楽しめるのか不安なお父さんお母さんはいらっしゃると思うので、僕の経験と知識を共有してみましたが如何でしたでしょうか?

結論、心配無用です。
東京ディズニーシーは何歳でも楽しめます!流石天下のディズニーです。
僕たち一般市民が思いつく不安はしっかり取り除かれています。

小さいお子様とディズニーシーを訪れて、存分に夢の国の世界を楽しんでください!

カメラ 旅行
スポンサーリンク
シンパパ薬剤師のメモブログ

コメント